About

「暮らすように旅をしてみませんか?」
「シンプルな暮らし、ちょっと面倒そうな暮らし、良いものですよ。」

フィンランドの北極圏内にある人口約200人の小さな村、ラーヌヤルビ。村の住民よりトナカイの数の方が圧倒的に多く、観光地でもなければ商店街もなく、信号もありません。あるのは広がる森と大きな湖。足長のウサギは美味しい食べ物がある場所を知っていて、賢いリスは枝から枝へと綱渡り。

好奇心旺盛のフィンランド人の夫は、日本を放浪・在住し、日本人の妻(私)と出会い結婚。夫婦共々、ラップランド大学への入学がきっかけで2007年にフィンランドへ帰国・移住。2011年、ご縁がありラーヌヤルビの小さな村に移住。子供3人(2008年、2010年、2013年生)、人懐こい猫のタルモ、アイリッシュセッター犬・ジェイク、ウィペット犬・ヴィンセントと暮らしています。
2019年10月には長年、夫が本職の合間に建てた手作りの「森の家」に引っ越しました。以前の家から徒歩数分離れた静かな森の中。夫婦共々、手仕事が好きで、近道をするよりは遠回りをして楽しんでいます。

子供達も賑やかで田舎人ながらの大雑把さはありますが...暮らすように旅をしてみたい方、もう少し深くフィンランドに触れたい方、自然の中で、田舎でゆっくり過ごしてみたいという方、我家にホームステイ如何ですか?何もないようで何か大事なものがある、そんな事を発見できる隠れ場所です。

※ 現在、森の家にはゲストルームがありませんので寝泊まりは以前住んでいた(歩いて数分)の場所になります。ゲストルーム完成は頑張って2020年に完成予定。

Kassun koti
ユリハリユ勝美