Kassun koti の フォトギャラリー

Welcome to my photo gallery

Home / 料理レシピ / フィンランド お菓子 /

シナモンロールの巻き方 Korvapuusti

Untitled-1.jpg ジンジャークッキー Piparkakku Thumbnails オーブンパンケーキ Pannari ジンジャークッキー Piparkakku Thumbnails オーブンパンケーキ Pannari ジンジャークッキー Piparkakku Thumbnails オーブンパンケーキ Pannari ジンジャークッキー Piparkakku Thumbnails オーブンパンケーキ Pannari

フィンランドのシナモンロールは特徴的な巻き方。
コツさえ掴んでしまえば簡単に出来ますよ!

【生地材料】
当サイトのPullaプッラと同様です。

【フィリング材料】
バター・グラニュー糖・シナモン適量
溶き卵1個

【生地手順】
①~④当サイトのPullaプッラの④まで同様です。
⑤発酵が終わったら生地を厚さ0.5-1cm、長方形に伸ばします。
⑥表面に常温に戻したバターを均等に塗り、たっぷりめのグラニュー糖とシナモンをかけます。
※フィリングをバター炒めにした林檎にしても美味しいですよ。
⑦クルクルと巻いて巻き目の終わりが下にくるようにし、台形になる様に生地を切ります。
※目安対比としては2:3にすると綺麗な形になります。
⑧辺の短い方を手前に90度お越し、更に時計回りに90度させ、中心を目がけ矢印(灰色)の方向に親指または一指し指2本を立てます。
そのまま約90度、指を寝かせるように倒して形成します。
※この時、しっかりと押さえつけるような感じに指を横に寝かせて下さい。
焼くと生地が膨らむので押し付けは、しっかりと!
⑨ベーキングシートの上に置き、生地が二倍になったら刷毛を使って溶き卵を塗り、
200度に温めたオーブンで約10分程焼きます。
※シナモンロールの底を見て茶色く焼き色がついた頃が焼きあがった目安です。
オーブンによって熱の回りが異なりますので温度や時間は目安として下さい。

※荒熱が取れたらビニールの袋に入れ完全に冷めたら袋を閉じる。
※翌日は少し硬くなってしまうのでレンジで少し温めて食べると、ふんわりします。
※完全に冷めた後、冷凍保存も出来ます。
食べる時は自然解凍させ少しレンジで温めると出来たて同様になります。

Visits
12503
Rating score
4.91 (3 rates)
Rate this photo

0 comments