【春】

3月下旬は前後はクロスカントリーを思う存分に楽しめる時期。冬眠から覚めた太陽の光を浴びながら、静かな森を抜けて凍った湖を滑る快感。イースター(3-4月)は素朴なクラフトを作りながらイースター料理でお祝いをします。子供達は魔女に仮装をしお呪いをしに近所を巡るのも恒例行事。日本とは全く違ったお祝いの仕方をするメーデー。5月中旬、雪が完全に融けたら雑草畑仕事開始。イラクサ、つくし、ヤナギランの芽、トウヒの芽、白樺の葉、ラズベリーの葉、黒カシスの葉、たんぽぽなど旬の食材として食卓に並びます。

【夏】

ラップランドの魅力は白夜!6月下旬の夏至祭も特別なものです。寒い冬を越し太陽の光を浴びて育ったブルベリーは味が凝縮して最高の味。6-7月はルバーブ、7月上旬はクラウドベリー、7月中はラズベリー、7月下旬から摘み頃になるブルーベリー、苺、8月から実りだすコケモモ、カシスなど美味しい旬な食べ物が豊富な時期。7-8月はキノコの時期でもあります。キッチンでは冬の保存食作りで大忙し。

短い夏とは言え充実した日々。空気はカラリとし、直射日光は暑く感じますが日陰は涼しく快適です。夏日の日は+33度程にもなります。とにかく蚊が多いですが、これも自然豊富な証拠です。森で収集した植物を使い草木染を楽しめるのも夏の良いとこです。

【秋】

8月中旬頃から秋めいて紅葉が始まるのが9月上旬-中旬。ブルーベリーの葉は赤く紅葉し、白樺の葉は黄色に変わります。森のベリー類は丁度よく熟し、心も満たされる森での散歩。ラップランドの紅葉は有名なのです。

【冬】

楽しい冬の始まり!家の中からオーロラ確認をし玄関先で観察、秋に染めた毛糸での編み物、織物、素朴で暖かいクリスマス、一般人の花火が解禁になる大晦日、平和なお正月、丘滑り。冬ならではのピンッとした空気、真っ白な風景、静寂。極夜、時には-35度前後になる極寒とは言え、冬ならではの魅力が詰まったラップランドの冬。

【食】

レストランのない村。旬な時期は森や雑草畑、湖からの食材を使って素朴だけど素材の味が美味しい料理を作っています。夫婦共々料理が好きです。ステイに来られる方で「こんな料理を食べてみたい!」というリクエスト大歓迎です!

【レシピ】

簡単に作れる料理や焼き菓子をご紹介します。参考にして下さい。