Welcome-to-Kassun-koti

Kassun Koti Ky Y-Tunnus 2561580-2

 

Kassun kotiとは...

カッスンコティは、フィンランド語で 「カッスのお家」 という意味です。
Kassu は私のニックネーム。私の名前の中にある'tsu'が言いにくいのでフィンランド人の友人が付けてくれました。

年中を通してホームステイを受け入れています。フィンランドの田舎暮らしやローカル暮らしなどの普通の旅行では味わえないような生活を体験出来ます。夏は近くの森でベリー摘み&フィンランドの家庭で食べられているベリーのお菓子作りやジャム作り、森を散歩して気分をリフレッシュ。森からはフィンランドの生活を学べます。近くの湖へ行けば静かな環境の中、ボート乗りも可能です。冬は凍った湖をスノーモービルで引っぱってもらったり、時期によってはアイスフィッシングも可能。自宅の窓からはオーロラ観測も可能です。冬は‐35度に下がる日もあるんです。時には、離れた町へ蚤の市・雑貨屋さん訪問も可能です。時期によっては白樺のカゴ作りワークショップも開催されます。他にもフィンランド料理作り、簡単なフェルト小物作りや白樺細工なども作る事が出来ます。例えば「○○体 験がしたい」などご希望などありましたらご相談にのります。

家族は、日本に在住経験のあるフィンランド人パパ&日本人ママ、プリスクールに通っている娘、幼稚園児の息子・2013年11月に生まれた次女&人懐こい猫。現在、近くの森に建設中の「森の家」が完成したら毛糸用の羊3頭を迎える予定です。自然から・昔からの生活の知恵を学びながら生活をしています。希望の方によっては、ラーヌヤルビの村内もしくは近くの村よりフィンランド人家族を探す事も可能です。ご質問等ありましたら一度、ご連絡下さいませ。

※北欧ヴィンテージ・レトロ雑貨・ハンドメイドテキスタイル品を扱うウェブストアー Kassun kauppa も運営しています。(只今、サイト制作準備中)

※2014年3月14日(金) 朝日放送 世界の村で発見!こんなところに日本人の番組に私達一家が出演させて頂きました。こちらからご覧になれます

Katsumi (ニックネーム: Kassu)

1981年埼玉県生まれ。2002年、フィンランド人男性A-Jと日本で出会い2003年、 2人で北海道へ移動。同年春に結婚。夫婦共々、学生に戻る事を決意し2007年春にラップランド地方、ロバニエミへ移住しました。同年秋、ラップランド大 学テキスタイル科に入学。2008年秋に娘、2010年夏には息子が産まれ2010年より大学は休学中です。いつ大学復帰するかは未定。2012年2月プ ライベートビジネス Kassun koti を設立。

Raanujärvi: ラーヌヤルビ

2011年3月にロバニエミより約60キロ北西・スウェーデンまで約45キロに位置するラー ヌヤルビと言う人口約200人程の小さな村に家族で移住しました。住まいは全校生徒20人にも満たない村の学校の建物の一角。田舎ならではの人懐こい村の 人達・夏も冬も魚釣りが楽しめる湖。森には食材や資料が沢山。夏は白夜を楽しみ太陽からのビタミンD摂取をし、冬は頻繁に観測できるオーロラを眺めます。 公共機関から離れているので少々不便さも感じる事もありますが、少しくらい不便な生活でも自然に囲まれたラーヌヤルビの魅力には敵いません。当サイトの フォトギャラリーでは村の写真を紹介しています。ご覧下さいませ。